世界名作劇場世界名作劇場!テンダータウン
世界名作劇場
名作アニメの杜
名作アニメ
世界名作劇場HOME > 管理人室 > TETO日記
コンテントヘッダー

フランダースの犬―ぼくのパトラッシュ―

アロア?

『フランダースの犬―ぼくのパトラッシュ―』を観ました。
あ、いちおう絵はアロアのつもりで描いていたんですが、どうやら別人のようになりました。
ちょっと変わった技法を偶然見つけてしまい、自分でも予想がつかなかった線となって面白いタッチになりました。
似てないのにそのまま続けたのは・・・好みの感じになったからです。っていうかアニタに近くなった!?(笑

えーっと、本題
『フランダースの犬―ぼくのパトラッシュ―』
これはマジで名作ですぞ!!

なぜかあまり話題にのぼることもなく埋もれてしまっていましたが、実によかったです><
現在、観れる機会がほとんどないというのが非常に残念ですが、おすすめです。

主人公ネロの声を担当するのが林原めぐみさん。
もともとは、最大の目的はここだったりしました、実は・・。
でも逆に、始まってすぐはなんとなく違和感が。。。

七つの海のティコのナナミが男の子みたいな感じで喋っているように聴こえてしまったのです。
でもしばらくすると気にならなくなり、そのうち誰が声をあてているのかなんてことは考えなくなりました。
それだけ内容のほうが充実していたからでしょう。

世界名作劇場のフランダースの犬、私的になんとなく納得いかない部分があってスッキリしないストーリーだと感じていたのです。
ですから世界名作劇場の中では、私の評価はどちらかというと低いほうなのです。
高いレベルでのことですけど。

今回「―ぼくのパトラッシュ―」を観て分かりました。
この作品においては、納得いかない部分が全くというほどなかったのです。
以下では2作品の違いについて挙げてみたいと思います。
1.パトラッシュの犬種、名劇では実在しないアニメオリジナル、僕の~では原作通りブービエ・デ・フランダース。
パッと見あまり可愛く感じられないので名劇では避けたのかもしれませんが、ブービエ・デ・フランダースをしっかりと似せていて、かつ「おじいさん」っぽい感じもあり、そして可愛いとも思える完璧なデザインだと感じました。

2.名劇ではジョルジュ、ポール、ミッシェル、ノエルという味方がいたが、僕の~ではヤン、ボノ、ビービという頼りない子供たちだけだった。レナー先生という味方はいたが、終盤にはいなくなっていたので。とくにミッシェルの存在は大きく、クリスマスの日に家を出たときに頼れる存在があったのに頼らなかったのはなぜか、という疑問が感じられます。

3.名劇では、なぜハンスがネロをことごとく苛めるような仕打ちをするのか、はっきりとした理由が示されていなかった。僕の~では、ほぼ同じ立場の役柄であるボウマンがネロを敵対視する原因となる事件がちゃんとあるのです。しかもネロに落ち度はなく、第三者の(悪気はなかったのだが)余計な一言と、ボウマンの逆恨みによるもの。よく練られたシナリオだと思います。

4.コゼツ旦那がネロをアロアから引き離す場面でも、名劇よりもはっきりとした原因が語られています。名劇のコゼツはハンスの言うことを鵜呑みにしすぎで、コゼツ・ハンス連合という悪役のようでしたが、僕の~では悪役っぽい感じではなく、娘の心配と家の体裁を気にするあまりエスカレートしてしまったという感じで、気持ちは理解できます。

5.ネロの絵がコンクールで落選してしまった理由も、僕の~では明確な原因がありました。

6.何より、最後にネロが死んでしまう状況に追い込まれる整合性に差がはっきりと現れました。


名劇の「フランダースの犬」をけなしている訳ではありません。
8割方は素晴らしい作品であり、僕の~よりも優れている部分もたくさんあります。その点については書いていないだけで。
ただし、「-ぼくのパトラッシュ―」は最後まで完璧なストーリーでした。
既に世界名作劇場として名が売れている作品があるのにもかかわらず、新しく作ってきただけのことはあります。
観れる機会ができたら是非観ていただきたいです。
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

僕パト、見た~い!!!

うわあ3chanさんがうらやましい!
僕のパトラッシュ、私もずっと見てみたいなあと思っていたのですがなかなか見る機会がないんですよ…。

実は6年ほど前ローカルでやっていたのに「日本アニメ版じゃないのか」とスルーしてしまいました。いまだに悔やまれます…。

「パタパタ飛行船の冒険」「ぼくのパトラッシュ」「ふたりのロッテ」「おちゃめなふたご」「雪の女王」「風の少女エミリー」と、
日本アニメに負けず劣らずすばらしい作品が多いのに、なぜかどれも知名度の低いTMS系名作アニメ。
もっとそのすばらしさを知っている人が増えたらなあ…、このまま埋もれさせるには、あまりにももったいないよ!と思います。

びっくりです!!

あのですね、観れる機会がなかなかないのでこう言うのは心苦しいのですが、傑作なのです。

それほど期待はしていなかったんですが、ビデオ全巻を入手する機会があったので購入してみました。
あのとき買っておいてよかったです。

実はそのとき購入したビデオのうち1本のテープがデッキに絡まって泣く泣く切断して取り出さなくてはならない事態となってしまったのです。
中身のテープリールだけ取り出して他のいらないテープカートリッジに移植して本編は観ることができましたが、またどこかで売ってたらその巻を買いなおしたいと思ってるんですが、そうそう上手い具合にある訳ないですね。
それどころか、あれ以来1本も見かけることがないんですよ~;;

それはさておき、この「フランダースの犬」は完成度が高いです。
まず私の場合、あまり観る気にならなかった理由が、ネロとパトラッシュのデザインが垢抜けてない感じであることが大きいです。
でも関修一氏のデザインの特徴というか、観ているうちにどんどん気に入ってきて、いつのまにか好きになっているというパターンでした。

ネロの声も最初は「林原めぐみさんはやっぱり女の子の声をやったほうが合ってるなぁ」という感じであまり馴染めなかったんですが、しばらくしたら気にならなくなっていて、辛いシーンとなると、めぐさんの声はやっぱり泣けます(;;)

ボウマンという奴はハンスと同じ立場の役柄の人間ですが、ハンスよりももっと酷いことをしています。それぞれの人間がやることにしっかりと裏付けとなる理由があって、ネロが死んでしまう事態となるのもちゃんと納得できました。ストーリーに関してだけ言えば日アニのものよりもしっかりしていると思います。

「ふたりのロッテ」は難しいようですが、「おちゃめなふたご」「ぼくのパトラッシュ」はDVD化してほしいですね、ぜひ!!

ちなみにタツノコ系名作アニメも埋もれさせるには惜しいです。「ロビンフッドの大冒険」「シンデレラ物語」「白雪姫の伝説」面白いです。奇跡的にDVDとなってて観ることができました。おすすめですよ。

というか「ぼくのパトラッシュ」も、ある名作ファンさんがイラストを描いて下さったおかげで観る気になった作品なんですよね。重ねてありがとうございます!!

PS.きせかえアニタはそのままでは掲載できそうにないので、通常のサイト構造へと変更させていただきたいと思います。
前回戴いたものと、今回のものと、両方移植中です。前回のものから、出来しだい掲載させて戴きたいと思いますが少々お時間を下さいませm(__)m
ご寄稿ありがとうございます!^▽^!

3chanさん、ある名作ファンさんこんばんは。
ぼくのパトラッシュ、そんなにいい作品だったとは!
3chanさんの感想を読んで、私も昔テレビでやっていた頃にちゃんと見ておけば良かったなあ・・と思いました。(>o<)
私も前にフランダース犬を描いたことがあったので、そのときにこのアニメのことを思い出していました。
本当にこのアニメ版のパトラッシュとそっくりなんですよね。
それにしても3chanさんはいろいろなアニメを試聴されていますね。
昔のタツノコアニメまで幅広い収集に驚きですよ~。(°o°)

ブービエ・デ・フランダース

ねっつんさん、こんにちは!
最近仕事が忙しくてコメントが遅れました(^^;)ゝ

「不当に評価が低いけど面白い」という噂があったので気になる作品でした。
まさにその通りで、この内容であればもっと話題となっていてもおかしくないです。
再放送や配信などで誰でも簡単に観れる状態だったら、もっと大々的に面白さを伝えたいと思うんですけどね~;

フランダース犬、実際は小さなお子さんが見たら泣き出しちゃうような、ちょっと怖い姿をしてますね。
ねっつんさんが描かれた名劇のパトラッシュとブービエ・デ・フランダース、並べてあると分かりやすいですね。
http://homepage2.nifty.com/kosenikki/newpage18.html
まさにフランダース犬、写真のようにそっくりです。
いや、本物より可愛いかな(^^)

名劇のパトラッシュが可愛いデザインだし、ブービエ・デ・フランダースをそのままのデザインでアニメにするというのはどうなのかな、という気がしましたが、実際に観てみると可愛く見えていたし、老犬であることも見た目で分かりました。

ただ、一見して人気が出そうなデザインではないし、キャラクター商品にするのにも無理がありそう。実際にこのアニメは実力があるのにもかかわらず人気が出なかったということからも商業的にはいいデザインではなかったということかもしれません。そういうことで「隠れた名作」となってしまったのかもしれませんが、それを観ることができて私はラッキーでした。

タツノコ系名作もDVDが出ていたので観ることができ、ラッキーでした。メディア化されていない隠れた名作もたくさんあると思いますが、観れる作品を探すことに夢中になってしまってます;
それで最近サイト更新が滞ってます・・(いいわけ^^;)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

3chan.

Author:3chan.
テンダータウンの管理人、そして「名作アニメの杜」の制作をしています。「自らがやさしい人になりたい」ということと、「世界中の人にやさしい人になってほしい」という気持ちでHPを運営しております。


TENDER TOWN
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧

ひだまり屋


ことばれんしゅうちょう


ミトン絵日記

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
TENDER TOWN
フリーエリア
ブログ内検索