FC2ブログ

観賞記③「明日のナージャ」

現代版の「名作」としては、これが「答え」なんじゃないかと思ったほど出来がいいです。
今回は「明日のナージャ」です。

でも実際のところ、視聴率やグッズの売上は芳しくなかったようです。

2003年に放送されているときは、私はやっと世界名作劇場の魅力に気づき始めたときで、その頃はまだ世界名作劇場の復活は全くの期待薄でした。そんなとき世界名作劇場の後継的作品との噂が流れたのがこの「明日のナージャ」でした。結局のところ作風が全く違うためか、噂はどこへともなく消えたのですが、今になって全てを観終えると分かる気がします。噂は半分は本当だったんだ、と。

少女・女児向けの作品ということ、グッズ売上を期待した小物が登場すること、などは余計な添加物なのですが、一番重要なストーリーの幹となる部分は「名作」と言っていいと思います。

成分で言うと
「名作」的ストーリー 60%
少女趣味 30%
ギャグ 10%
確かに添加物はたくさん含まれていますが、それでも「名作」成分が一番です。

「名作」的要素は
・孤児院
・母をさがす旅
・旅芸人一座
・貴族
・舞踏会
・家督争い
これ以外にも名作要素がふんだんに含まれています。

ただし私は余計な成分は無視することができるので楽しむことができましたが、気になる方は無理かもしれません。万人におすすめできる名作ではありませんが、私の評価は結構高めです。偏差値で言えば60くらい。

たくさんの国が舞台となるのも魅力
イギリス・フランス・スイス・イタリア・スペイン・ギリシャ・エジプト・オーストリア
名所もたくさん出てきます。
音楽も各国に合わせているようで、ギリシャ編では「ポルフィ」で聴いたような音楽でした。

観る方法は色々ありますが、いちおう本家をリンクしておきますね。
東映アニメBBプレミアム

公式サイトはこちら
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

3chan.

Author:3chan.
テンダータウンの管理人、そして「名作アニメの杜」の制作をしています。「自らがやさしい人になりたい」ということと、「世界中の人にやさしい人になってほしい」という気持ちでHPを運営しております。


TENDER TOWN
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
リンク
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ