赤毛のアン第13章更新

ちゃんとした更新はリニューアル後初かな?
赤毛のアンの第13章を更新しました。
久々に完成までもっていけたのでちょっと嬉しかったです^^
これからペースに乗っていけたらいいんだけど、なんだか忙しいのでやっぱり鈍亀だと思います。

常時SSLに関してはモバイル版やプリティアニタなども対応できました。
(モバイル版は閉鎖でもよかったんですが、本サイトで扱っていない作品も多くあったので一応残しました。)

FC2は無料版でも対応しているので多くの方が移行できるのではないかと。
しかし、忍者ホームページは現在のところ対応していないようですので、ペペロの道草は未対応のままです。
ペペロサイトは本サイトのほうに移植か統合の方向で考えています。

常時SSLが必須の時代はもう間近!?

我が家「テンダータウン」は(このブログを除いて)すでに常時SSL(https:~)化しましたが、個人サイトのほとんどは現在もhttp:~のままだと思います。
大手企業や団体ですら対応が遅れていて、常時SSL化できているのはまだまだ少数派のようですから、絶滅が危惧されるような存在の個人サイトはおそらく「そのまま続ける」か「放置する」か「閉鎖する」の三択で占められるのではないかと・・。

どういうことかと言うと、この7月にGoogle社がリリース予定のブラウザChrome 68のバージョンから段階的にhttp:~のサイトを、あたかも「危険なサイト」のように見せていくようなのです。

Google社によると、通信の安全性やスピード向上のため、これからはサイトの全てのページを常時SSL(https:~)にすることが望ましい、とのことで、それを進めていくための方策の一環のようです。

現在は常時SSL(https:~)のサイトは鍵マークや「保護された通信」などの表示がされていますが、Chrome 68~70では段階的に表示がなくなっていき、アドレスだけになる模様。

一方http:~のサイトは「保護されていない通信」の警告文字を灰色で表示されるようになり、Chrome 70では赤い文字と赤い三角形のアイコンで「保護されていない通信」の警告が表示されるようになる、とのことです。

最近はレンタルサーバーが無料で提供する常時SSLがあるので、既存のサイト運営者は移行できるならしたほうがいいかもしれませんね。各参照アドレスが相対で書かれているサイトなら然程手間はかかりませんので。

もしかしたら将来的には、警告どころか表示できなくしてくる可能性も考えられます。
まぁ、そうなっても続けたいという人はそんなにいないのかもしれませんけどね。

春のトップイラスト

ねっつんさんから春のトップイラストをいただきました。
今季もありがとうございます!!

キャラが桜を見ているようで、実は桜のほうがキャラを見ている、という感じでしょうか。
頭身が高いのでちょっとお姉さんに感じてしまいますが、ベンチと対比するとやっぱりまだ小さいですね。
でも何となく落ち着いた感じで、二人ともお転婆なほうだったと思いますが、お淑やかなお嬢様に見えます^^。

一方ラッシーは・・と、ん? 小さいですね! チビと名付けられそうになった頃の。
っていうか、チビって日本語じゃん!(^^;
まぁ他にもシロとかクロとかブチとか名付けられた動物がいたりいなかったりしましたが。

さくら色と若草色。柔らかい色で一杯になると暖かさが伝わってきますね。
でもチビラッシーにとっては、花よりプリシラの向こう側にあるものが気になるでしょう^^。(まだ哺乳瓶使ってるかも?ですが)

メアリと魔女の花

メアリと魔女の花

music.jpの動画ポイントで見れるようになっていたので見てみました。
まぁ、予想通りというか、可もなく不可もなく80点主義って感じの出来に感じました。
評価としては
b.png

作画に関しては流石という感じで、ジブリで鍛えられたスタッフが多いだけにかなりイイですね。
でも、いい点はそのくらい。

あとは、惜しいけどちょっと力不足と感じられる点が多いです。

まず主人公のキャラ付け。
登場時は「なんだかなぁ」という子が成長して立派になっていく王道のパターン。
もちろんそれはいいのですが、「なんだかなぁ」の部分の表現があからさま過ぎて、主人公に感情移入しづらい感じになってしまっている嫌いがあります。

「魔女の宅急便」や「千と千尋の神隠し」はやはりよく出来ていて、キキにしても千尋にしても、そういう一人の人間がいるかのような自然な感じがしてすんなり受け入れられるため、素直に主人公を応援できるようになります。
で、メアリはというと、ちょっとスタッフの魂胆が見え隠れするというか、こういうキャラに見せたいんだなという「作られたキャラ」感を感じてしまうのです。

まずは、と言ったものの、他はそんなに難点はないんですが、結局は主人公に思い入れを感じられるかどうかで決まると言っても過言ではないので、そこで作品の印象は決まってしまったのだと思います。

ストーリー的には単純で分かりやすく、子供向け感はあるものの、キャラ付けと声優がしっかりしていれば同じ内容でも大人でも十分受け入れられる資質はあると思います。
そうそう、そういえば声優に関してという点がありましたね。
キャラ付けはCVによっても左右されますから、ちゃんとした「声優」を起用してもらいたいです。

まぁ、ちょっと辛口な評価をしてしまいましたが、言ったほど悪い訳ではなく、見応えのあるシーンも多くありました。
次回作に期待です。
ジブリがまた復活したようなので、どちらの新作が先になるか分かりませんが。

Fluid Motion

現在使っているPC [参照] で、以前からやってみたいと思っていた Fluid Motion が出来るようになりました。
Power DVD 17 ULTRA を入手したので^^


Fluid Motionについて一応簡単な説明をさせていただきますと・・
ブルーレイに記録されている映像は1秒で24フレームのところ、フレームの間をソフトが作り出した中間の映像を描画して補完し、60フレームにすることでスムーズな動画に変換する機能なのです。

いわゆる、ヌルヌル動画というやつですが、何でヌルヌルって言うんだろう^^?
スルスルの偽物がいつの間にか本物に、なんてパターンでしょうか?
ま、いいや^^

あ、因みにFluid Motionは(比較的新しめの)AMD社製のグラフィックチップを積んでないと使えません。
それで今回のPCはまた人気のないRADEONを積んでいる訳ですが^^;

で、肝心の映像についてですが・・。
「面白いです。」

まぁ、絶対的に良くなる!というものではないですね。
スムーズに動くことによってすごく綺麗に見えるようになるところはあります。
その映像にもよるのですが、最近のアニメ作品はコンピュータによる作画なので、ものすごくPC感が強い映像になりがちです。
アニメというよりもゲームに近い映像になるというか。
それが吉と出るか凶と出るか、またそれを見るほうの好みにもよっても評価が分かれるかも。

また、スムーズになると見えやすくなるので、スピード感が損なわれるのか、不思議とゆっくりに見えるときがあります。
見えにくいことを計算してスピード感を表現していたりするかもしれないので、制作側が意図していない映像になってしまうかもしれません。
逆に、ほとんど見えなかったものが見えるようになることもあり、その場合スムーズに動くことによってスピードを感じたりします。

一番効果があり、かつ良くなったと実感できるシーンは、ただただ何かがスライドしていく映像です。
普通はズズッ ズズッと動いていたのがスーーーーーッと動くようになるのは気持ちいいです。

絶対的に良くなる訳ではないので常にこれで見たいとは思わないですが、面白いので色んな作品で試してみたくなります。
でもこれで出来るのはブルーレイだけなので、そんなにブルーレイのソフトを持っていないのでDVDでもできたらいいのに、と思ってしまいます。

で、調べてみたら、なんと、ありました!
フリーソフトの「SVP」と「PotPlayer」を併用することでスムーズな映像に変換した映像を見ることができます。
これの場合はグラフィックチップの種類も問いません。

まぁ、でも見てみると、こちらは簡易的な感じですね。
文字とか重なってくるとチラついて見辛いです。
でも作品によってはすごく綺麗に見えるようになるものもあります。

フリーソフトだし、概ね何方でも出来ると思うので興味があればこちらのサイトにやり方が詳しく書いてあります。
比較的新しい作品向きではありますね。
とはいえ「ハイジ」でも結構面白い動きになってましたので古い作品でも効果はちゃんとあります^^b

今回は「Fluid Motion」の話題だったはずなのに、話がずれてしまいましたね。
(元映像がブルーレイってこともあるけど^^;)映像的には絶対的に「Fluid Motion」がいいです。
なので本命は「Fluid Motion」だけど、普段は簡易的に「SVP」という感じです。
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

3chan.

Author:3chan.
テンダータウンの管理人、そして「名作アニメの杜」の制作をしています。「自らがやさしい人になりたい」ということと、「世界中の人にやさしい人になってほしい」という気持ちでHPを運営しております。


TENDER TOWN
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
リンク
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ